男性にマスターベーションのオカズにされるのを嬉しいと思うわたしはネットストーキングなど微笑にしかならないのです。

すばる賞の記念

拝啓。

 

f:id:kzkNkzk:20161126181839j:plain

記念のお葉書が来ました。

今回も読んでくださったらしいです。

これで今年度の作品応募は終了します。

あとはライターの方頑張ります。

 

「仁菜」はちょっと失敗しまして、大いなる矛盾が発覚してしまったので、駄作です。

バラバラ死体にしてもらいたい女の子仁菜と、世間に絶望して刑務所の中で暮らしたほうがましだと考える男性真一の織り成す物語です。

ふたりは共謀しお互いの欲求を叶えようとします。

殺すものと、殺されるものの関係が始まります。

そして奇妙な死体遺棄現場下見旅行などをするのです。

 

というお話です。

いやしかしその「矛盾」は決定的でかなりでかいので、痛手です。

失敗したなあ。

お話的な矛盾ではないのですが、捉え方の矛盾というか、認識の矛盾ですね。

これ応募して数日後にわかったことなので、もう少し前にわかっていれば、手直しできたのにな、という感じです。

でもその矛盾に含まれるものは、お話にかなり影響する部分なので、手直しも大々的なものになってしまう。

つまり大きな矛盾となるわけです。

まあこれは来年9月以降、小説家になろうに投稿します。

それまでに手直ししとかなくちゃ・・・。困ったな・・・。

まあちょっとの妥協も仕方ないな。

 

ライターのお仕事なんですが、ちょっと行き詰っています。

キーワードにこちらも矛盾を見出してしまったのです。

そんな記事、刺さる層がないじゃんっていう。

これどうしましょ。いってみたほうがいいかな。クライアント様に。

まずそんなワードで検索しないでしょ、と思うのですけどね・・・。

SEOの観点・・・。

それをいかにおいしくするかがわたしの腕かといわれたら、そうなのかもしれないけれど、生憎そんな腕持ち合わせていないので。

わたしまだひよっこですし。

他のワードで検索してもこの記事に辿り着くようにしなきゃいけないのかな?

ヒエェェ、難しいじゃないの。難易度高い。

でもなんとか書くしかないですよねー。で、いいわけと共に納品するしかないですよねー。

まあ納期はまだ先なので、うんうん考えようかと思います、ぎりぎりまで。

他の案件さきやっちゃおう。

わたしは、ライティングスピードは、速いのだ。

書く方向性が決まったら、ぱぱぱーっと書けるので、それはありがたい。自分に対して。

だから1日に書く記事の量、もっと増やさないといけない。

のんびりしている場合じゃない。食ってけないんだから。仕事増やすしかないでしょ。

それはわかってるんだけどさあ、頭が回りきらないのよね。

まだ慣れてないんです。これから頑張ります。

 

では。

フリーライターになった

拝啓。

 

こんなわたしでもフリーランスのWebライターになれました。

ライターってでも何の縛りもないから、「ライターです」って言ってしまえばもうライターなのです。

しかし言ってるだけではなく、きちんとお仕事もしてますよ。

今無職なんでね。ライター業捗ります。

 

crowdworks.jp

こちらでせっせこ働いております。

他のクラウドソージングサイトも覗いてみようかな。

でも今のわたしの力量では、今のお仕事の量でちょうどよいのかな。

しかしライターとして、フリーライターとして食べていくには足りない。

だから今求職中です。

ライター業と平行できるようなお仕事を探しています。

 

SEOのお勉強もしてまして、いずれこちらのブログもそれに則った形式で書けていけたらと思っています。

でも個人的なブログなのでそんなに検索ばんばん引っかからなくてもいいけどな・・・。

しかし折角学んでいることを活かさないのは勿体無い。

 

わたし今までろくな仕事してこなかったので、「納める」仕事をするのは初めてです。

お恥ずかしい。

納めると達成感凄いですね。

これで報酬が入ってきたらもっと達成感びしびし感じちゃうんだろうな。

そして頑張れる。

いいサイクルだ。気に入った。

書くことに抵抗がなくて、副業何かしたいなーと思ってる人には、ライター業はお勧めです。

いまキュレーションサイトがたっくさんあるから、そこで活躍すればいいお金が入ってくるのでは。

わたしはキュレーションサイトは苦手ですが。

あくまでまとめ記事ではなくWebコンテンツ記事を書きたい。

どっちも一緒?

でもね、そこはね、今後も拘っていけたらなと思っております。

画像の選定とかとても苦手。

どんな画像がこの記事に合ってるかとか、考えれば考えるほど判らなくなってしまう。

今もお仕事リクエストがきたけど、キュレーションみたいだからお断りします。

ごめんなさい。

わたしいいキュレーターにはなれない。つまり、稼げない。

稼げるキュレーターさんはばんばん稼いでいるみたいですが、わたしみたいなへっぽこは駄目なのよ。

上記のクラウドワークスさんにもキュレーターのお仕事はたくさんありますので、ご興味ある方は是非。

まあキュレーターもライターも似たようなものです。

書く記事がちょっと種類が違うだけ。

でもその記事の違いがわたしにはでかい。

得意、不得意なだけの問題です。

ただね、キュレーターは仕事量がWebライターに比べて多いと思うのね。

いろんなサイトを見て情報収集して、いろんな記事を書かなくちゃいけないから。

わたしがやってるWebライターは、あるキーワードについてひたすら調べればいいだけですが、キュレーターさんはひとつの記事でたくさんの情報量があるから、それを調べるのが大変かなと。

あと画像も選定しなくちゃいけないし。

私生活がもう仕事、みたいな感じだから。生活から情報を得る、みたいな。

わたしは調べて情報を得る物書きのほうが向いてますし、わたしそういえばゆくゆくは作家になりたいんだった。

ちょっとここ数日忘れてた。

小説も書こう。

 

では。

 

新連載スタートしました。

拝啓。

 

「僕を愛しさの窮地へと追いやる、あの花の香り。」

連載スタートしました。

わたしにしては珍しくストレートな恋愛ものです。

安心して読めるものとなっております。ので是非。

ncode.syosetu.com

 

これはですね、実は3日で書き上げました。

書いていてとても楽しかったです。

なんかメッセージ性残そうと頭捻るより、こっちの方が楽しいですね、当然ですが。

とてもよく出来たと思います。我ながら。

気持ちのよい作品です。

前作みたくきもちわるーういやつじゃないので大丈夫です。

でもあのきもちわるーういやつでも評価してくださる方もいらして、わたしは嬉しいです。

ありがとうございます。

 

さて、ライターの仕事が固まってきました。

頑張って書かないと。

キヅキノの名前でやります。

名前売れるように頑張りますね。

 

 

では。

あの音が聞こえる

拝啓。

 

聞こえるんです。あの音が。

書くときによく聞こえるあの音が。

なので書いています。

次の連載作です。中編小説?

わたし自分の作品のことあんまり「小説」って言いたくないんですよね。

普段は「物」と言っています。

 

その物ですが、連載物の「美しい花瓶」の最終話をアップしました。

なんていうか、きっと、きもちわるーうい作品です。

にょろにょろとした蛇のような。そんな感覚。

地を這っているような、そんな感覚。

だから、人気もないのです。人気も地を這っています。

そんな作品です。

 

で、今は次の連載物を書いています。

男の子を一人称にした物語です。

連載物って一話一話が面白くないといけないと思うんですよね。

でもわたしはどうしても長いスパンでしか考えられないから、一話一話がそれほど面白くないのです。

困りますね。

今13話目を書いてますが、ようやく物語少し動いた感があります。

おっそ!

これまでの12話はなんだったんだって感じですね。

でもわたしにとってはそれは必要な過程なのです。

ご容赦くださいませ。

 

「美しい花瓶」は、実は毎週火曜日が更新日だったのですが、こちらは不定期で参りたいと思います。

気が向いたらあげるー、みたいな。

なんか曜日決めちゃうと面白くない気がするんです。気のせいですかね。

まあわたしはそんな気がするので、曜日は今回決めません。

でも毎週あげていこうと思います。

「美しい花瓶」のように、きもちわるーい作品ではない、・・・と、思われますので、よろしかったらお付き合いください。

詳細は後日。

 

いやー、大統領が決まって世界の終わりだの何だのって言ってる人多数ですが、本当にそうなんでしょうかね?

わたしはあながち世界はそうそう終わらないような気がしますけどね。

悲観しすぎでは?

民主主義が死んだ、とアメリカ人は嘆いているようです。

共和党の人だから、そういう見方も出来るのかもしれませんが、死んでも生き返るのが民主主義です。

日本だってそうだったじゃないですか。

一旦死んだでしょう?

でも「あーやっぱりちげえわ!!」ってなったじゃないですか。

だからアメリカさんもきっと大丈夫ですって。

世界も終わらない。

地球はどんどん進化していくんです、生き物だから。

でも終わりにどんどん近づいているのもまた事実ですが、それはそんなに近くない。

と、わたしは考えます。

トランプさんだって猿じゃないんだから、核ボタンぽんぽん押したりしないでしょうし。

まあ、政治のことはよく判りません。

 

兎に角、世界が今終わったら困るということです。

わたしは始まったばかりなんだから。

 

 

では、また。

 

 

 

【お題目を頂戴しました】ピアノゾンビ

お題「好きなバンド」

 

拝啓。

 

お題を拝借して好きなバンドについて語らせて頂こうと思います。

ちょうど1年くらい前になります。

嵌ってしまったのです、「ピアノゾンビ」に。

そこからのわたしはまるで遅れてきたばんぎゃ。西へ東へ遠征しまくりました。

お陰で楽しい一人旅を何回かさせて頂きまして、いい経験をしました。

初めて大阪にもいけた。

串かつめちゃくちゃうまかった。

 

ピアノゾンビはね、すべていいですよ。

まず例えばようつべで見たとしますね。例えばね。

で、白塗りの人が居るわけです。この人がボーカルかあ、なんて思うと思います。

しかし違うのです。

その人はキーボード。しかもキーボード弾けないキーボード。

要はパフォーマーです。

あのもうひとり、なんか居るんです。黒塗りの人。

その人はローディーです。兼パフォーマー。「下僕さん」といいます。

白塗りの人は「ホネヌキマン大王」です。

ふざけてませんよ、真剣です!!!!!

 

他のメンバーは、ギターボーカルにベースにギターにドラムと普通。この人たちが音を奏でています。

これがまた格好いいんですよ。


pianozombie(ピアノゾンビ) 『ゾンビのうた』

これの曲構成なんて素晴らしいの一言ですよ。

ほんと曲構成素晴らしい。大事なことなので2回言いました。

タイトルには目をつぶって一旦聴いてみよ?

でもこちら、古いものとなっております。

 

最新のピアノゾンビのMVはこれです。


【Music Video】幻の世界/ピアノゾンビ

 

ちょっとお時間あったら聴いてみて下さい。「お?」ってきっと思うとおもうので。

 

他にもいっぱい貼りたいよ?

まだまだあるんだもん、ようつべに!

でもここはグッと我慢。美味しいところを選りすぐって貼りました。苦渋の決断です。

あーーでももういっこ貼っちゃおう!!


止まない雨とエクソシスト/ピアノゾンビ

これも素直に曲がいい。

且つご本人たち出演のストーリーものです。PVですね。

これねー、歌おうと思っても無理なんだから。

ボーカルのアキパンマンさんすごいんだから。

アキパンマンさんの巻き舌なんて天下一品なんだから。

もうめちゃめちゃ格好いいんだから。

きっと舌がお長いのでらっしゃるのでしょう。

 

まだまだライブで生で聴くことが出来るバンドさんです。

ライブがこれまた楽しい。大王をみこしで担いだりするのよ、お客さんの手によって。

「揺らすな!揺らすな!落ちる!落ちるって!!」が大王のいつものお言葉ですね。よく毎回落ちないものです、まったく。

 

「会いにいける大王、ホネヌキマン」とのことなので、会いに行ってみては如何でしょうか。

わたしも来月会いに行きますー!久々ー!

物書きを目指し始めてから休みの日は物を書いていたのでライブを疎かにしてしまいました。すみません。でも対価は払っています。そうです干したのです。すみません。

なのでもう半年振りくらいかしら。血中のピアノゾンビ濃度がもう薄くて駄目よ。

補給しに行かないと。

 

ピアノゾンビ公式サイトはこちら↓

www.pianozombie.com

 

では。

 

校了完了。

f:id:kdknkdk:20161030182138j:plain

拝啓。

 

「仁菜」の校了も終わり、プリントアウトしました。

あさって辺り、郵便局で出してこようと思います。

今年度のすばる新人賞に、二作品目の応募となります。

まあ今年度は初めてなので、記念応募です。来年からはもっと時間かけて書いて、勝負したいと思います。

とはいえ、「無花果の端末」も「仁菜」も、決して手を抜いたわけではないですよ。

今のわたしの持てるものをほぼほぼ出し切ってると思います。これをね、来年度に回そうなんて、それは勿体無いと、そう思ったのです。

来年のわたしには、来年の実力が恐らくついているであろうから、それを振り絞って、来年は応募しようと考えたのです。

実力ついてるといいなあ。

 

それはそうと、ライターの副業のお仕事が正式に決まりました。

契約も結びました。

これで晴れてわたしは、副業としてですが、ライターデビュー出来ることとなりました。

キヅキノの名前でやろうと思ってます。

このライター職でぐんぐん実力つけて、本来の目標である作家になるべく、一歩でも前進していこうと思っている所存でございます。

いろんなこと調べて、いろんな文章を書かなければいけない。

いろんな題材を考えなければいけない。

大変だろうと思います。

でもここが頑張り時なのだと思います。

やってやろうじゃないの。

乾いたスポンジのように、ありとあらゆることを吸収していこうじゃないの。

そう思っております。

このライターのお仕事、新規で始まるライターのプラットホームだそうで、まだ出来ていません。

12月に出来るそうです。

わたしのライターデビューもその頃です。

それに向けて、本業の方も決めていけたらなーと思っております。

でも難しいだろうなぁ・・・。

わたしはこう見えて、文章を書くことが得意なので、ライティングテストがある方がいいのです。というのも、わたしは学歴も職歴もないし、若くもないので、実力勝負しか出来ないのです。

人柄重視で、未経験OKのところなんていーっぱいありますが、そういうところだって結局は経験者を取るのですよ。

世の中そういう風に出来ている。

ではなぜ未経験OKと書くのか。その心理がわたしには解せぬ。

期待しちゃうじゃないの。

未経験OKというならば、せめてライティングテストやってくださいよとも思う。

その結果駄目なら諦めはつくからね。

ライターと一口に言っても、分野は様々で、その中から自分でもやっていけそうだと思えるものを探すのは大変です。

メディカルライターなんて無理無理。お仕事苦痛になっちまう。

わたしはやっと見つけたやりたいことを仕事にしたくて今探してるんだから、出来るだけそれに近い職に就きたい。

自分の文章が書ける分野に就きたい。

それを探すのが、なかなか困難。

 

でも副業のライターの仕事でそれはまかなえるから、本業は多少苦痛を伴うものでも仕方ないのかな、とも思います。

ただ許容範囲がいかんせん狭いので、やはり探すのは困難。

やや焦りを感じていますが、それでよい。

焦りつつじっくりと探していこうと思っております。

 

さて、次書く物を考えなければ。

次は小説家になろうの連載物を考えようと思っています。

じっくりプロット作ってね。

 

では。